ワークライフ
バランス 2
自分の人生に責任を持つのは自分。
納得のいく生き方がしたい。
ITソリューション
M.Iwasaki
二人目の出産から復帰後、
重要案件を任されることに
私にはいま、4歳と1歳の二人の子供がいます。長女を授かったのは、銀行ビジネスを支えるイントラネット構築プロジェクトのリーダーを担当していた、入社5年目の時です。既に部内には産休・育休を取得した女性の先輩や男性の上司がいましたので、私も安心して産休に入ることができました。その後1年間の育児休暇を経て職場に復帰、その翌年には次女も授かったため、再び1年間、育休を取得しました。
二度目に復帰してからは、銀行の膨大な顧客情報を管理するデータウェアハウスを再構築するプロジェクトに加わりました。現在は、システムの企画から開発工程のマネジメントに至る一連のプロジェクトの責任者である、PM(プロジェクトマネージャー)を任されています。
ところで、小さな子供を二人も抱えて大変だと思われるかもしれませんが、実際は一人も二人も手間にそれほど変わりはありません(笑)。もともと子供ができても仕事を続けていくつもりでしたし、両立しようという意欲さえあれば何とかなるものです。
この会社は、自分が納得できる形で
仕事に取り組ませてくれる
この会社では、時短勤務制度を利用することもできます。でも、私は、自分が納得する形で仕事に打ち込みたいと、制度を利用せずにフルタイムで働いています。そのぶん、毎朝5時前には起きて家事をこなし、その日の夕食を準備してから出社しています。時短勤務をしないといっても、子供が急に病気になって休まざるを得ない時や、保育所に預けている子供が熱を出してお迎えに行かなければならない場合があります。上司や同僚は、急に抜けなければならないことになっても快く送り出してくれるのですが、その時取り組んでいる仕事を放り出してしまうことは出来ません。だからいつ予期せぬ事態になっても対応できるよう、自分の頭の中で業務をシミュレーションし、もしいま私がいなくなったら誰に何を指示して代わりに業務を担ってもらえばいいのか、常に考えながら仕事に取り組んでいます。日本総研は社員に裁量を委ねてくれる会社なので、不測の事態が起こってもしっかりと仕事を、そして、自分自身をマネジメントできれば、仕事と家庭の両立も問題ありません。
出産や育児を「制約」にしない
やりたいことはやり抜きたい
私がPMを務めるプロジェクトは企画段階。新たなデータウェアハウス構築の検討をユーザー・ベンダーと調整を重ねながら進めているところです。その企画を経営陣にプレゼンテーションし、了承を得られればいよいよ本格的に動き出します。今が頑張り時だと、モチベーションを高めています。なぜ私がここまで懸命に仕事に取り組んでいるかと言えば、やはり仕事が面白いから。でも、子供もとても大切。仕事も育児も両方がんばることを自分で選択したのだから、責任を持ってやり抜きたい。働く意欲があるのに、出産や育児という女性にとって当たり前のことが制約となってしまうのは、もったいないと思うのです。だから私は、ママになっても出来る限り仕事に情熱を注ぎ、プロジェクトを成功に導けると証明したいのだと思います。
日本総研には、私のように子供がいて時間に制約がある人間でも、その意志を示せばいくらでも活躍できるフィールドがあります。一方で、私よりも家庭の比重を高めたいと考える社員ももちろんいて、それぞれの生き方をサポートする制度もしっかり用意されています。お昼の時間に仕事の仮面を脱いでお互いママ・パパの顔になって家庭の話をすることも多々ありますが、一人ひとりが自分で自分の人生をデザインしていて、お互いにそれを尊重し合えています。そういう環境だからこそ、私は頑張れるのだと思います。
Profile
入社
2007年
専攻
応用化学科
趣味
マラソン。現在も週末には20km走っている。
日本総研でのキャリア
入社後は、銀行の情報系システムの開発を担当。2011年に第一子、2013年に第二子をもうけ、それぞれ1年間の育児休暇を取得した後に復帰。現在、銀行の顧客情報管理データウェアハウスを再構築するプロジェクトの責任者を務めている。