• TOP>
  • 制度・ITソリューション
日本総研で築く
キャリアと働き方
「多様性を持ち、社員が誇りを持てる
ワクワクできる会社」を目指して。
日本総研の働き方改革をご紹介します。

制度ーITソリューション

新入社員研修

導入研修

ビジネスマナー、プレゼンテーションなど社会人として必要となるスキルを習得します。

技術研修

基礎的な技術知識を理解した後、実際にチームでシステムを構築する「システム開発演習」を行います。

新入社員メンター制度

同じ部署の先輩社員が、「メンター」として新入社員一人ひとりの育成担当に任命されます。
メンターが中心となって指導や支援を行うことで、業務での経験を成長につなげ、新入社員の早期戦力化を図っていきます。

海外トレーニー制度

日本総研の海外拠点(ニューヨーク、ロンドン、シンガポール、上海)へ若手社員を派遣します。
実務経験を通して、現地の金融業務知識や開発スキルを習得することで、海外システムを担うグローバルな人材を育成します。

カフェテリア式研修(社内外研修受講制度)

個人に与えられた一定のカフェテリアポイントの範囲内で、社内外の研修を受講することができる制度です。
集合研修やeラーニング、通信教育など研修コースは数百種類もあり自分に合ったコースを選択することができます。

テクニカルプロフェッショナル

業務の課題を解決するソリューションを技術面からリードするとともに、アプリケーションを支えるIT基盤の高度化を推進します。

キャリア支援制度

節目の年次に「キャリアアップ研修」を行い、自分自身のキャリアを考える機会を設けています。
また、定期的に実施される「キャリア開発面談」では、社員一人ひとりの声に耳を傾け、個人のキャリア目標の実現を支援しています。

SMBCグループ各社における人事交流

三井住友銀行をはじめとするSMBCグループ各社で金融業務を学ぶ実習制度があります。
実務に関わりながら実践的な金融知識を習得します。
また、SMBCグループ各社のIT戦略の創出を目的に日本総研の役職者がSMBCグループ各社に出向し、各社社員と共に新たな事業創出に携わる人事交流も積極的に行われています。