日本総研インターンシップ 2021 システム企画・PMコース(1+1Day)

2Days・11月~2月開催

ABOUT

実在するプロジェクトを題材に、
リアルなプロジェクトマネジメントの手法や
金融知識を学ぶ、体感型インターンシップ。

日本総研のITソリューション部門は、
SMBCグループのIT機能そのものです。
グループ事業戦略の実現に向けたIT化構想・プロジェクト推進・システム開発まで一貫して責任を負っています。
このインターンシップでは、
金融グループにおけるITが企業・経済・社会全体に与える影響の大きさとその仕事の醍醐味を体感できます。

実在するプロジェクトを
題材にしたプログラム

日本総研が実際に手がけたプロジェクトに取り組みます。SMBCグループ各社が抱えるビジネス上の課題をヒアリングし、ITの面から分析・評価。日本総研の強みである豊富な金融知識を背景に、経営に踏み込んだITソリューション提案を体感いただきます。

リアルなビジネスの現場に限りなく
近い環境に挑む

ITソリューションの立案に終わらず、その実現に向けたプロジェクトの全体計画までを策定していきます。
コストや人的資源の調達・配分、そのためのスケジュールを組み立てる中で、社会人に必要なビジネス感覚を学ぶことができます。

ビジネスパーソンとしての
基礎を築く

インターンシップ期間中、スタッフは皆さんを日本総研の新入社員として指導します。
情報や議論の整理の仕方から、関係者との打ち合わせの進め方、資料作成のコツ、プレゼンテーションの技法に至るまで、社会人として必要なスキルを一つでも多く身につけてください。

PROCESS

前半と後半に分かれ、レビューを受けながら
ブラッシュアップを重ねていく。

レクチャー
日本総研の立ち位置理解、金融×IT
の理解
課題への取り組み

●前半:
金融サービスのシステム化に
向けたプロジェクト計画策定

●後半:
プロジェクトリスクの洗い出し、
ステークホルダーとの調整

発生するトラブルへの対応と
プロジェクト遂行に向けた
マネジメント計画策定

レビュー→報告
成果物のプレゼン、レビューを通じて、社員を含め全員で解決方法を検討していきます。

VOICE

理系・学部

自分の能力と適性を真の意味で理解できるインターンシップ。

ビジネスの厳しさや視点を、プロジェクトの提案内容を考えるワークを通して学ぶことができた。座談会も先輩社員から日本総研のリアルをお伺いし、日本総研を深く理解できた。またワークでは業務量が多く、キッチリとした時間管理が求められるため、他社と比べたインターンシップの中でも、一番自分の能力とその企業への真の適性を理解するのに役立つ内容だった。就職活動をする上で一度、学生はこのインターンシップを体験し、自分の就職に対する価値観、ビジネスに対する視点を磨き、納得のいく形の就職をすることを勧めたい。

理系・学部

実際のプロジェクトマネジメントが理解できる内容。

プロジェクトマネジメントという業務に特化したITインターンシップは他にあまりなく、IT業界を体感するものが多い中、実際の業務理解というものをすることができる。また、実際の業務では何を重視するのか、という点で社員の方に現実味のあるフィードバックをもらうことができる。

PROGRAM

参加条件
大学・大学院在籍の方
※学年、年齢に制限はありません。
大学・大学院に在籍中の方であればどなたでも応募できます。
実施場所
集合型(東京本社)、オンライン型のどちらかで社会情勢を勘案し決定
開催日程
計2日間 (前半1日+後半1日) ※複数日程あり
・シーズン1: 2021年11月~2022年1月うち2日間
・シーズン2: 2022年1月~2022年2月うち2日間
詳細は、ご参加が決定した際にお知らせいたします。
募集人数
各回30名程度
手当
なし
エントリー
一次エントリー〆 2021年9月27日(月)10:00
二次エントリー〆 2021年10月11日(月)10:00
三次エントリー〆 2021年11月1日(月)10:00
四次エントリー〆 2021年11月22日(月)10:00
五次エントリー〆 2021年12月6日(月)10:00
六次エントリー〆 2021年12月20日(月)10:00
七次エントリー〆 2022年1月11日(火)10:00
最終エントリー〆 2022年1月24日(月)10:00

インターンシップに関する
お問い合わせは
こちらまでお願いいたします。

株式会社 日本総合研究所
インターンシップ事務局
TEL 0120-195-506
(平日10:00〜18:00)